ピールオフパックは痛い?効果や特長と注意点を徹底リサーチした結果は?

こんにちは。ヘアケア美容師のNORIです。

 

先日、調査をしていたところ、スキンケアでパックをすることで肌質が変わったという体験談をお伺いしました。

 

多分たくさんの方が、「パックをスキンケアで取り入れたことはありますか?」という質問に対して、おそらく「はい」と回答する人が多いと思います。

 

しかし、「ピールオフパックを使用したことはありますか?」の質問には、「いいえ」の回答が増えてしまうようです。

 

まだまだ、スキンケアラインの常連だとは言いがたいピールオフパック。

今回は、そんなピールオフパックがどんな効果や魅力があるかをお話しさせていただいた女性の体験を元に紹介していきますね!

 

ぜひ、参考にしてくださいね!

 

ピールオフパックとは?痛いって本当?

ピールオフパックとは、ペースト状のパックを顔に塗り、そのパックが乾いてから剥がすタイプのパックのことです。

 

ピーリングパックと間違われやすいのですが、ピーリングパックは肌に接着性の強いペーストを塗る、またはシートを貼って皮膚を一皮剥くものなので別物です。

 

ピールオフパックは、塗ったパックを剥がすことが目的なので、ピーリングパックよりも刺激が少ないものと言えます。

 

実際、調査をした結果では、ピーリングパックは以下のような体験談を聞くことができました。

  • 以前、使用した時には、何も取れないのに、肌を痛めただけといった感じ。
  • ものすごく痛いわりには、産毛とりにと思ったけど、あまり取れなかった。
  • 剥がすときにヒリヒリして、泣きそうになりながら剥がしました。

 

でも、ピーリングオフパックは、最近のは顔に貼るだけでいいシートタイプや、塗って洗い流すだけでいいジェルタイプやクリームタイプ、クレイタイプなど、簡単なパックが主流になってきています。

 

なので、ピーリングオフパックが痛いという声は、ほとんど聞かなかったです。

 

塗って乾くまで待たなきゃいけない」、「正直、めんどくさい」と思われがちなピールオフパックですが、他のフェイスパックでは得られない効果もあります。

 

もしかしたら、ピールオフパックに対して、まだ知らない魅力もあるのではないでしょうか?

 

そこで、ピールオフパックの魅力や効果、使い方や気をつける点もご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてください!

 


ピールオフパックの魅力は何?肌質が変わるのはなぜ?

ピールオフパックとは、少しハードめのクリームを塗って固まったら剥がすという、角質のスペシャルケアだけのパックだと勘違いしてる方って多いようです。

 

突然ですが、乾燥肌は、通常の洗顔だけだと汚れや不要な角質が落としにくい傾向にあります。

 

油分があると、汚れや不要な角質が浮いて、洗顔だけで落としやすいのですが、乾燥していると、こびりついてしまっているイメージなのです。

 

そこで、ピールオフパックを取り入れることによって、汚れや不要な角質をキレイに取り除き、後のスキンケアアイテムの浸透を良くしてくれます。

 

汚れや不要な角質がたまると、表情が暗く見えてしまう、くすみが気になりはじめます。

 

疲れが顔に出やすい方は、午後には血行が悪くなり、一層表情が暗く見えてしまうので、午前と午後でファンデーションの色が違って見えてしまいます。

 

ファンデーションが白く見えはじめた、なんていうことがあれば、これは、ピールオフパックを取り入れるタイミングといえるでしょう。

 

ピールオフパックの効果は?

嬉しい美容効果、毛穴汚れがごっそりとれる!

皮脂が多い脂性肌は、毛穴の詰まりによってニキビができやすいですよね。

ペースト状のピールオフパックを肌に塗り、乾くまで待つことによって肌表面にピタッと密着させることができるので、剥がすときに毛穴汚れも一緒にとることができます

また、頑固な古い角質、産毛などもとることができるので、ピールオフパックを終えたあとはつるつるになった肌を実感できるでしょう♪

 

あまり知られていない、ピールオフパックには嬉しい保湿効果!

塗って剥がすピールオフパックは、「肌の水分もとってしまうのでは?」と思われがちですが、その反対で肌の奥まで潤いを浸透させることができるのだそう。

 

実は、毛穴パックよりもピールオフパックの方がタッチが柔らかく、肌への負担が優しく、同時に保湿をしてくれるアイテムもあるので、一石二鳥なのです!

 

また、シートタイプの場合は表面から水分が蒸発してしまうので、完璧に密閉することができないのが欠点なのですが、ピールオフパックは肌に密着してから乾くので、水分の蒸発を防ぐことができるんです!

 

なので、ピールオフパックは毛穴の中の汚れや不要な角質まで取り除いてくれながら、肌の乾燥肌対策にもオススメなのです。

 

産毛対策にもオススメ?メイクのノリが違う!

ピールオフパックは産毛も無理なく取り除いてくれます

 

例えると、アイシャドウを塗る時、少しでも前髪がかかっていると、よけますよね。

数本でも髪の毛があると、うまく塗ることができません。

 

なので、産毛対策をすると、ファンデーションが普段よりも数倍、キレイに仕上がりやすくなるので本当にオススメです!

 


ピールオフパックはお風呂でするのが効果的?使い方って簡単なの?

ピールオフパックは、一般的には週に1~2回、通常のスキンケアに加えて行います。

だいたいは、お風呂上がりの通常のスキンケア前に行います

 

お風呂上がりのキレイな肌にピールオフパックを塗り、10分ぐらいたつと固まります。

その後、ゆっくり剥がして、いつものスキンケアをすれば大丈夫です!

 

使い方はブランドによってオススメの使用方法が少々違うことがあります。

基本的には、使っていただく手順は下記のようになります。

 

  1. ターバンなどを使ってフェイスラインを出す。
  2. 通常の洗顔を行った後、化粧水をしっかり浸透させます。
  3. 指先にピールオフパックをとり、乾きにくい頬、おでこ、あご、鼻の順番に塗っていきます。
  4. 顔全体に薄く伸ばしてたら、15分~20分ほど放置します。
  5. 手で触ってもベタベタしないくらい乾けばOKなので、そっと剥がせば終了。

 

以上の流れで問題ないかと思いますが、必ず買ったピールオフパックの使い方を確認はしてくださいね!

 

ピールオフパックを使う場合の注意点は?正しく使用しないとトラブルの元に!?

ピールオフパックを使用する際は、目や口の周り、眉毛、髪の生え際は避けて塗ることがポイントです。

あと、一度塗ったところには重ねず、しっかり顔全体に伸ばして塗っていきましょう。

 

それからもし、剥がしたときに肌に残ってしまったら、化粧水を含ませたコットンで優しく拭き取ってあげるとキレイに取れるので試してください!

 

そして、ピールオフパックの良いところは、パックでスキンケアをしながら他のことができること。

 

シートタイプのパックだと、動くと剥がれてきてしまいますが、ピールオフパックは家事をしながら、動き回っても剥がれ落ちません!

なので、いろんなことが同時にできる分、時短になるのが良いところですね♪

 

ただでさえ忙しい生活をしながら普通のパックするのは、時間がかかるので避けたいところですが、ピールオフパックは忙しい人にこそオススメのアイテムなのです。

 

ピールオフパックは痛くならずにスキンケアが時短ができる優れもの!(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

ピールオフパックのイメージが変わったという人も多いのではないでしょうか。

 

いろんなサイトで口コミを調査してみたところ、剥がすタイプなので、肌に負担がかかっているのではないかと気になる、との声がありました。

確かに、プチプラアイテムだと剥がしたパックが手につきやすかったり、肌に強過ぎないか心配気になることが多いようです。

 

でも、例えば、ちふれのピールオフパックの口コミでは、

  • ふっくらもちもち肌ができました
  • 肌のごわごわ感がなくなり、化粧水もぐんぐん浸透します!
  • 小鼻の毛穴も気にならなくなった。

 

などといった、嬉し体験談の口コミが多くありました。

 

なので、保湿ケアなどちゃんと肌ケアをしてくれる、自分に合ったピールオフパックをしっかり使えば、普段の肌質がさらにキレイに変化してくれるはずです!

 

是非、デパートのコスメコーナーに足を運び、ピールオフパック探しの旅に出てみてくださいね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA