カドークオーラが“BD-E1”を発売!低温・美容ドライヤーの価格や評価、性能が話題!

カドークオーラという会社から、“BD-E1”という鼻のないノーズレスドライヤーが12月10日に発売されます。

最近、今までの常識を覆すような形状のドライヤーが出現してきていますよね。

例えば、ダイソンのドライヤー(Dyson Supersonic)や、ヤーマンのドライヤー(スカルプドライヤー HC-9N
)なんかが注目を集めているようです。

今回は、そんな美容電化製品の中でも一風変わった形状のドライヤーになります。

それでは、今後、ドライヤーを買い替えようかとお考えの方にBD-E1のことを少しでもわかりやすくご紹介していきたいと思います。

鼻のないドライヤーBD-E1とは?

BD-E1の特徴は何といっても、鼻がないこと。

風の吹き出し口のノーズ(鼻)が完全に省略されてしまっています(笑)

 

このドライヤーを開発したのは、空気清浄器や加湿器などを製造・販売する『カドー』と、韓国の『SKネットワークス』との共同で設立した合弁会社です。

今後、理美容・ヘルスケア製品の企画開発・販売をメインに行い、その第1弾製品としてノーズレスドライヤー『BD-E1』が完成されました。

この鼻のないドライヤーは、「髪を乾かすという毎日の習慣の中で、ありのままでいることの心地よさ、美しさを体感できるアイテムを作りたい」という思いから生まれたとのことです。

BD-E1の特徴はただ形が斬新なだけでない。

ほとんどのドライヤーはノズル部分にヒーターが設けられてるのが普通。

ですが、その配置を見直し、円形モーターの上に配置したことでノーズレスの“P -フォルム”ができ、今までにないコンパクトで軽量、機能的なドライヤーが完成できたそうです。

風を自在にあやつれるドライヤー

BD-E1は、ノーズ(風の吹き出し口)をなくしたことで、髪までの距離が縮まり、髪を乾かしやすく、まるで自分の手の一部を操るようになりました。

それにより機能性が格段に高まり、イメージ通りの自在なスタイリングをすることが簡単になったことと、使用時の疲労度が圧倒的に減少できたというメリットがあります。

さらに、約400gと非常に軽いドライヤーなので、一般的なドライヤーと比べて重心が低く、手首に負担を掛けないのがありがたいところです。

これにより、1日に何度もドライヤーを使う美容師をはじめ、毎日使う家電として家でも心地よく使えるP-フォルムは、ドライヤーの新たな常識になりそうです。

コンパクトなため、せまいスペースにも置きやすい

ノーズレスドライヤーになったことで、送風口を下にして置ける分、洗面台やドレッサーのわずかなスペースにも置きやすくなりました。

しかも、専用のマグネット内蔵ドライヤースタンド(別売)を使えば、安定感がアップし、すっきりとした収納ができるようにできます。

見た目にもスタイリッシュなので、見せる家電として1つのオブジェ感覚で好まれそうです。

BD-E1の3つ風は髪と地肌にやさしい

最近のドライヤーは、「速乾性」と「髪と地肌へのダメージ」が非常に大事な要素になってきていると感じます。

その点、カドークオーラは3つのポイントをしっかり考えています。

 

まず1つ目が、風質(Quality)

吹き出し口の最前面にセラミックカートリッジが設置され、効率よく遠赤外線を髪と地肌に届けてくれます。

さらに、ヒーター線にもセラミックコーティングを施した「デュアル遠赤外線」仕様と、マイナスイオンユニットが搭載されているため、とてもやさしい風質を実現しています。

 

​2つ目に、風量(Power)

定格消費電力1,000W の省エネ設計でも、業界トップクラスの[2.2 ㎥ /min]という驚異のパワフルな風量。

また、DC ブラシレスモーターというものを採用したことにより、約20,000 時間という、これまでの一般的なドライヤーよりも40 倍以上の長く使い続けられることができ可能となりました。

風量は3段階に設定可能でパワフルな風で髪を乾かせるのと、HOT/COOLの切り替えスイッチを備えられています。

実際に風量3で運転をスタートしてみると、あまりのパワフルさに手が少しふらつくほどで、本体の軽さとは反して強い風が吹き出てきます。

 

3つ目に、風温 (Temperature)

BD-E1は最高風温を約85℃に抑えることで、長時間ドライヤーを使っていても地肌が痛いような熱さを感じることがありません。

速乾性は保ったまま地肌に負担の少ない温度設定にすることで、過剰な乾燥を防ぎながらでも、遠赤外線をプラスすることで、速乾性を高くしています。



BD-E1のサイズ・装備

本体サイズは、110×60×250mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は400g。

消費電力は1,000W。

電源:AC 100V 50/60Hz

風量:2.2㎥/min

温風温度:約85°C(室温30°C 風量「2」設定時)

動作モード:スライドスイッチ:OFF – 弱 – 中 – 強 / ボタンスイッチ:温風・冷風 切替

外形寸法:幅110 x 高さ250 x 奥行き60 mm

質量:約400g(コードを除く)

電源コード長:約1.8m

付属品:スタイリングノズル / ストラップ / 取扱説明書兼保証書

マグネットで装着できるスタイリングノズルとストラップが付属。

カラーバリエーションは、ブラックとホワイト。

BD-E1を実際に試せる店舗

発売は、2018年12月10日(月)。

BD-E1の商品価格は、税抜きで28,000円。

取扱店舗は、カドーオンラインストア(https://bit.ly/2FKGzJx

ヨドバシカメラ、 ビックカメラ/ コジマ、 エディオン、ノジマ、 二子玉川 蔦屋家電にて販売されるようです。

オフィシャルサイトで詳細が出ています。→https://cadocuaura.com/shop

BD-E1を使ってみた方の評価

スタイリストの『田中 大祐』氏による実演も行なわれたのですが、

「まず持ったときにびっくりするくらい軽いことに驚きました。

良いなと思ったのは、ノズルがないので持ち手と吹出し口の距離が近く動かしやすい点です。

軽くて持ち手が近いので、後頭部の根元など普段手が届きづらい部分も乾かしやすくなります。

根元ってなかなか乾かないと思ってドライヤーを長時間当てがちなのですが、そうすると意外と乾かしすぎてしまっていて髪を痛める原因になります。

ノーズレスドライヤーはそういった心配がないですね」

 

といった実際に使ってみての感想がありました。

 

 

「最近髪の調子がいいみたい」

「今日のセットもイメージどおり」

 

ただそれだけで、一日のはじまりや終わりに

心に小さなうるおいが生まれるはず。

髪に、地肌に、人にやさしく。

あなたの暮らしに新たな癒しの時間を贈ります。

 

このようなメッセージがカドークオーラのホームページ(https://cadocuaura.com/hairdryer/)にあります。

 

さりげないですが、とても心に残るフレーズだと感じました。

 

これからも人にやさしく、使い勝手もよく、見た目にもワクワクさせてくれるような美容家電をどんどん作っていただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA